2019年07月アーカイブ

老舗豆専門店・店主の元気の秘訣は・・・

 こんにちは!にんにく道・部員の善福です。

 

 

 

厳しい暑さが続いておりますが、皆さんお元気でしょうか?

 

 

 

 

 

さて、全国でたくさんのお客さまにご愛用いただいている<伝統にんにく卵黄>ですが

 

 

「夫婦で欠かさず飲んでいますよ~」というお客さまが、実はとっても多いんです(^-^)

 

 

そんなお客さまの中から今回は、京都府にお住まいの

 

 

竹本様ご夫婦をご紹介いたします(^^)/

 

 

 

20190702_1.jpg

 

 

 

 

<左:京司さま(89歳)/右:弘子さま(85歳)>

 

 

 

京都市中京区。400年もの歴史を誇る「錦市場商店街」

 

 

豆の専門店『椿家(つばきや)』を営む竹本さまご夫婦。

 

 

お二人で商いを始めて、もう60年にもなります。

 

 

20190702_2.jpg

 

 

 

20190702_3.jpg

 

 

(竹本さま)

 

「創業当時から品質にはこだわりと自信を持っています。

 

 

丹波のぶどう豆(黒豆)や大納言小豆など、決して安くはありませんが

 

 

どこへ出しても恥ずかしくないものばかり。

 

 

最近では外国人観光客の方も買い求めていかれます。」

 

 

 

20190702_4.jpg

 

 

▲イスラエルから来られた観光客の方との1枚。

 

 

実は、以前も『椿家』の豆を買いに来られたそうです。

 

 

 

そんなパワフルにお仕事をされるお二人の

 

 

元気の源が<伝統にんにく卵黄>なんです。

 

 

20190702_5.jpg

 

 

(竹本さま)

 

「少しでも健康で仕事を続けられるように<伝統にんにく卵黄>

 

 

毎日2粒ずつ夫婦で愛用しています。おかげさまで調子が良く

 

 

検査も異常ナシ。2人の必需品になってます!

 

 

 

うちの豆を必要としているお客さまがいる限り

 

 

元気に商いを続けていきたいので

 

 

にんにく卵黄さん、これからもヨロシクね!

 

 

 

 

 

<伝統にんにく卵黄>ご愛用歴が21年の竹本さまご夫婦。

 

 

 

2人のように、1日1日の積み重ねが

 

 

大きな健康を育んでいきます。

 

 

 

皆さまもぜひ、<伝統にんにく卵黄>をお試しください!

 

 

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

 

 

 

20190702_6.jpg

 

 

『椿家』

●住 所 :京都市中京区錦通富小路西入東魚屋町176-3

●TEL :075-221-1458

●営業時間:9:00~16:00

●定休日 :日曜日

 

※京都に行かれる際は、ぜひ錦市場の「椿家」へお立ちよりください♪

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2019年07月  »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.