『第13回にんにく収穫祭』開催★

皆さま、こんにちは!道場長の坂本です。

 

 

 

 

暑くなったと思ったら、突然肌寒くなったり

 

 

寒暖差の激しい、おかしな日が続きますね。

 

 

 

 

最近は、そんな寒暖差によって体調を崩してしまう

 

 

「寒暖差アレルギー」なるものも増えているそうです。

 

 

皆さまも体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

 

 

 

 

 

さて、去る5月20日(日)、毎年恒例の「にんにく収穫祭」

 

 

宮崎県の自社農場で開催しました!

 

 

 

20180530_2.jpg

 

 

北は北海道から南は鹿児島まで

 

 

日頃より当社商品をご愛顧いただいている

 

 

日本全国のお客さまをお招きしてのにんにく収穫祭

 

 

 

 

13回目を迎えた今年は

 

 

 

53組106名のお客さまにご参加いただきました。

 

 

 

 

事前の天気予報では、収穫祭当日の天気が

 

 

あまり良くないとの情報だったので、来る日も来る日も

 

 

心配していましたが、当日を迎えると真っ青な空!!!

 

 

絶好の収穫祭日和となりました!

 

 

 

 

にんにく畑に近づくと、辺り一面からにんにくの香りが漂ってきます。

 

 

 

食欲がそそられる匂いについ

 

 

お腹も鳴ってしまいましたが我慢、我慢(笑)

 

 

 

汗をかきながら、お客さまと社員一緒になって、収穫作業に没頭しました。

 

 

 

20180530_3.jpg

 

 

どのお客さまも広大な農場に驚かれた様子で

 

 

想像していた以上の広さですね」

 

「この広さをオーガニックで作るのはすごく難しいことだと感心します」

 

土がホクホクで素晴らしい!とっても良い環境で感激しました。」

 

 

といった嬉しいお言葉があちらこちらから聞かれました。

 

 

20180530_4.jpg

 

 

「初めての体験ですごく楽しかった」と

 

 

普段、土に触れる経験がほとんどないというお客さまもいらっしゃれば

 

 

「私も農園で野菜を作っているので

 

農薬を使わない栽培がいかに大変か分かります」と 

 

 

有機栽培の苦労に共感してくださるお客さまも。

 

 

20180530_5.jpg

 

 

「小さなにんにく1つ1つに個性があり

 

可愛らしくなってきました。

 

この子たちが<伝統にんにく卵黄>になって我が家へやってくると思うと

 

つい笑みがこぼれてしまいますね♪」

 

 

最後には、そんな風に愛着を持ってくださるお客さまがいらっしゃり

 

 

その言葉に私たちも嬉しくなりました。

 

 

 

20180530_6.jpg

 

 

農薬や化学肥料が使えず、手作業ばかりの有機栽培は、苦労の連続ですが

 

 

年に一度の、このにんにく収穫祭を迎えると

 

 

「自社農場でにんにくを作っていて、良かったな~」

 

 

と毎年、思います。

 

 

 

 

最後に、農場から移動し、バスに乗られたお客さまを

 

 

社員一同、手を振りながらお見送り。

 

 

 

中には、涙されるお客さまもいらっしゃり

 

 

思わずこちらも目が潤んでしまいました。

 

 

20180530_7.jpg

 

 

「社員さんの気配りや笑顔といい、最高の『おもてなし』でした!」

 

 

最後に、お客さまからそのようなお言葉をいただき

 

 

大成功に終わった、にんにく収穫祭。

 

 

 

 

 

これからも健康家族は

 

 

「口に入る物だからこそ安心できる素材づくり」を念頭に

 

 

日本一のにんにくオーガニック栽培に取り組んでいきます!!

 

 

20180530_8.jpg

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2018年05月  »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.