2017年09月29日アーカイブ

にんにくは、と~っても甘かった!!

 

こんにちは。にんにく道部員の田中麻希です。

 

 

 

ここ南国鹿児島でも

 

 

冷房なしでは過ごせなかった季節が嘘のように

 

 


日中もエアコンいらずの涼しい陽気になってきました。

 

 

 20170929_01.jpg

 

 

寒さが加わるは、実りの秋…食欲も増し

 

 

身も肥ゆるでもあります(汗)

 

 

 

 

 

 

先日、甘くておいしいものに目がない私にとって

 

 

 

衝撃の事実を知りました。

 

 

 

それは

 

 

にんにく野菜の中でも「糖分」が高いという事実!!!

 

 

 

 20170929_02.jpg

 

 

にんにくを生でかじったとき、それはそれは

 

 

 

めちゃめちゃ辛くてもう生では食べないと誓ったほど!!

 

 

 

なのに糖度が高いだなんて、信じられませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは、にんにくの糖度がどれくらいだと思いますか?

 

 

一般的なスイカが糖度【約9~13度】

 

 


メロンが【約12~18度】

 

 

 

なのに対し…

 

 

収穫直後の生ニンニクはなんと【約40度!】

 

 

 

他の野菜や果物に比べてダントツに高かったんです。

 

 

 

そこで、にんにくの糖度が高い理由を調べてみました。

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

***************************

 

 

寒風が吹きすさぶ冬の畑で育つ野菜たち。

 

 

が降り、水たまりは凍り霜も降りる

 

 

 

そんな中でも野菜の葉や根は凍らないのが不思議に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

それは、冬に向かって、葉や根の中に

 

 

 

凍らないための物質を増やしているから。

 

 

 

 

 

 

 

その一つが「糖分」なのだそうです。 

 

 

 

 20170929_03.jpg

 

 

 

 

「水」と「砂糖水」を冷凍庫に入れると

 

 

 

砂糖水のほうが凍りにくいのがわかります。

 

 

 

そして、溶けている砂糖の量が多ければ多いほど

 

 

 

ますます凍らなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜でいえば

 

 

 

「葉や根に含まれる水の中に多くの糖分

 

 

 

溶け込めば溶け込むほど、葉や根は凍りにくくなる

 

 

 

という理由がわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、糖分を増やした葉や根は

 

 

 

厳しい冬の寒さの中で凍らずにいられるのです。

 

 

 

 

10月に植え付けを行ったにんにく

 

 

 

5月に収穫を前に越冬という試練が待ち受けます。

 

 

 

 

 

 

 

にんにくは「球根」にあたる部分を食す野菜で

 

 

 

球根はまさに栄養のカプセル。

 

 

 

 

 

 


イモ類と同じように、未来に子孫を残すために

 

 

 

たくさん蓄えたデンプンの一部を糖に変えることで

 

 

 

実が凍るのを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

にんにくたちは寒さをしのぐためのすべを心得ているんですね。

 

 

 

20170929_04.jpg

 

 

***************************

 

 

では、私も越冬に備えて、甘いお菓子で糖分を蓄えますっ♪♪

 

 

 

って話が違いますかね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

食欲の、運動の

 

 

 

体も肥えることがないように、適度な運動とバランスのいい食事

 

 

 

そして、代謝アップをサポートするにんにくの料理を

 

 

 

取り入れながら、健康維持に努めます!!!

 

 

 

 

 

 

 

皆さまも、寒暖差に気を付けて

 

 

 

実りの多い秋をお過ごしくださいませ。

 

 

 

 20170929_05.jpg

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2017年09月  »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.