にんにく初心者講座

皆さん初めまして!

 

にんにく道新入部員農場担当の町野と申します。

 

 

 

野球とバイク、そして釣りが大好きな九州男児です!

 

最近は休日になると沖釣りに行くことが多く、鯛・アジ・サバを釣り上げるべく奮闘中

 

 

 

 

休日は、平日は農場と自然をこよなく愛する者として

 

今回より、わたくし町野農場の様子をお伝えしていきます!

 

 

 

 

3月に入り、少しずつ暖かくなってきましたが、自社農場の近くは

 

桜の花が綺麗に咲いており、の訪れを感じます。

 

 

 170328_03.jpg

 

 

 170328_01.jpg

 

 

私は、農場に配属されてまだ1ヵ月。ずぶの素人です。

 

なので、前もって断言しておきます。

 

紹介できるほどの知識はありません!(苦笑)

 

 

 

 

ですが、素人だからこそ皆さまに近い目線でブログを書けると思うんです。

 

日々の業務で疑問に思ったことや、学んだことなど紹介していこうと思います。

 

記念すべき初回は、にんにく初心者講座です♪

 

 

 

 

 

皆さま、にんにくは大きく分類すると暖地系寒地系2種類に分類されることはご存知でしたか!?

 

(恥ずかしながら私は最近知りました・・・)

 

 

 

 

その名の通り暖地系は暖かい地域での栽培に適した品種で

 

寒地系は寒い地域での栽培に適した品種のことです。

 

それぞれの特徴について簡単にまとめたので、ご覧ください。

 

 

▼にんにく品種 暖地系/寒地系 比較

 

主品種 

大きさ 

片数 

 

 

暖地系 

嘉定種

やや小ぶり

10片程度

皮に赤み

濃い

寒地系 

ホワイト六片

大ぶり

6片程度

真っ白

マイルド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統にんにく卵黄>の原料となっている「嘉定種」は暖地系です。

 

実は小ぶりなのですが、味や成分が濃いと言われており、弊社社長がこの「嘉定種」に

 

惚れ込み、栽培に適した土地として、宮崎県に農場を設けたそうです。

 

 

 

 

 

寒地系にんにくといえば、青森県の「ホワイト六片」が有名ですが、こちらは寒地系

 

品種になります。

 

 

 

 

なので、「ホワイト六片」を私たちの農場で育てようとしてもうまく

 

育ちませんし、逆に青森県では嘉定種は育たないと言われています。

 

 

 

 

百聞は一見に如かず”です!

 

 

 

 

 

自社農場では暖地系にんにくはもちろん、寒地系にんにくも試験的に栽培させている

 

のでどのような違いがあるのか見比べてみましょう!

 

 

 

 

暖地系嘉定種

170328_04.jpg

 

 

 

 

寒地系:ホワイト六片~

170328_02.jpg

 

 

 

嘉定種」、「ホワイト六片」は共に同じ時期に植付けしているのですが、

 

やはり宮崎の気候は、暖地系にんにくと相性が良いみたいで、現段階では

嘉定種」の草丈が「ホワイト六片」の二倍ほどあります。

 

 

 

 

では皆さま、「嘉定種」と「ホワイト六片」の「」の生育の違いは

どうなっているのか気になりませんか?

 

 

 

すごく気になりますよね?

 

 

 

はい、気になる皆さまの為に今回特別に引っこ抜いてみました

 

170328_05.jpg

(左がホワイト六片、右が嘉定種

 

 

 

先ほどの表で示しているように、「ホワイト六片」は皮が真っ白で、「嘉定種」は皮が赤みを帯びていました。

 

球の大きさについては、正直どちらも似たような大きさで、これから暖かくなる

 

つれてどんどん成長していくと思われます。

 

 

 

 

 

5月の収穫まであと少しですが、これからの生育の様子をじっくりと

 

見守っていきたいと思います!

 

また変化があったら報告致しますね♪

 

 

 

にんにくについてまた一つ詳しくなることが出来たのではないでしょうか!

 

これからもにんにく講座をあげていく予定ですので、私と一緒に、にんにく博士を目指していきましょう♪(笑)

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2017年03月  »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.