2016年10月アーカイブ

有賀先生@植え付け祭(* ' θ'*)つ))

 

 

こんにちは!

 

にんにく道部員・田中幸子です(*^_^*)

 

 

 

10/16(日)は、「にんにく植え付け祭」でした!

 

 

 

 

 

今回は、私ども健康家族の顧問で、にんにく研究の第一人者でいらっしゃる

 

有賀豊彦先生(日本大学名誉教授・医学博士)にもご参加いただきました。

 

 

 

 

開会式では、全国からお集まりいただいたお客さまに

 

にんにく情報を織り交ぜながら、ご挨拶くださいました。

 

 

161024_01.jpg

 

 

 

 

161024_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

その一部をご紹介。

 

 

 

にんにくは、お母さんにんにくからとれる、種子1片を植え付け(種ではない)

それが成長することで、またお母さんにんにくとなる。

 

161024_03.jpg

 

 

お米は、1本の稲穂から百粒とれるが、にんにくは1片から6~8片しかとれない。

有機JASで行う(収量を増やす)のは大変。

 

 

 

 

・黒にんにくは、にんにくを美味しく食べることができる。

ただ、栄養面では、にんにく本来のGSACなどの

有効成分はほとんど含まれていない。

 

健康食品の原料としては、加工に加工を重ねる為

にんにく本来の成分が減り、おすすめしない。

 

 

 

 

 

「にんにく」「卵黄」は、お互いの足りない要素を補いあっているため

最高の相性である。 

 

 

 

 

 

・にんにくはそのまま食べると臭いが気になるが

<伝統にんにく卵黄>はソフトカプセルで、臭いが気にならず

1年を通して、にんにくの栄養を手軽に効率よく摂ることができてよい。

 

 

 

 

 

 

などなど、勉強になることばかり!

 

 

 

 

 

植え付けの間は、圃場や植えつける種子にんにくの様子や状態を

 

熱心にご覧になられ、お客さまともにんにくの話をされていました。

 

 

 

 

 

日本のみならず、世界を飛び回っていらっしゃる有賀先生。

 

 

とてもお元気で、明るく気さくな方で、先生の周りではいつも笑いが溢れています。

 

 

 

 

―なぜそんなにお元気なんですか???

 

 

 

若い人たちと積極的に話すこと。

 

いつもあらゆることに興味を持つこと。

 

そして、、、にんにく!!!

 

 

 

 

 

先生を見てれば、全力で納得です。

 

 

 

私も ―飽くなき探求心と、にんにく―

 

先生のように、生涯、アクティブを目指します!

★2016年 にんにく植え付け祭開催★

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

にんにく道部員の善福です。

 

 

 

 

 

 

去る10月16日(日)。

 

 

 

当社自慢のにんにく農場は、およそ300名の人々で賑わいを見せました!

 

 

そうです。毎年恒例の『にんにく植え付け祭』が開催されました!

 

 

 

今年は全国から53組106名のお客さまにご参加いただきました。

 

 

 

 

 

 

161019_01.jpg

 

 

 

 

突然ですが、ここで皆さまにも、にんにく植え付けのワンポイントアドバイス。

 

 

161019_02.jpg

 

 

 

 

写真のようににんにくの尖っているほうを上にして

 

約10cm(指がすべて埋まるくらい)の深さに植えるのがコツ!

 

 

 

 

 

お客さまは、社員とペアになって、にんにくの成長を願いながら

 

 

1つ1つ丁寧に、愛情を込めて植え付けていきます。

 

 

 

 

 

また、私たちにとっては

 

 

農場でお客さまとふれあえることも楽しみのひとつ(^^)!

 

 

 

 

 

161019_03.jpg

 

<伝統にんにく卵黄>のおかげで、夫婦共々とっても元気です!』

 

 

 

 

 

 

161019_04.jpg

 

 

『実際に有機栽培の農場を見て、とても安心しました!』

 

 

 

 

161019_05.jpg

 

『これからも一生、続けていきますね!』

 

 

 

 

 

そう話されるお客さまの笑顔を見て

 

「この笑顔のために、仕事をしているんだ!

 

身が引き締まる思いでした。

 

 

 

これからも全国のお客さまのために

 

健康をお届けしていきたいと再確認した1日でした!

 

お子さまに!

 

皆さま、こんにちは!

 

にんにく道部員の鹿島です。

 

 

 

 

9月に入ってから、ずっと鼻水たらたら、咳コンコンの我が子(1歳11か月)。

 

朝晩と日中の気温差で体温調節が難しく

 

びっしょりと汗をかいては「はくちょん!」とくしゃみをする息子を見ながら

 

母はずっと嫌な予感がしていました。。。

 

 

 

 

 

数日後、そんな母の予感、的中。

 

「こうちゃん(息子)、お熱が出ちゃいました。38.5度です…。」

 

託児所の先生からの連絡を受け、会社を早退。

 

病院での診断は【風邪】でした。

 

 

 

その日の夕方は37度台に下がったので安心していたのですが、夜中、急に高熱に。

 

念のためともらっていた座薬を使用し、なんとかしのいだものの、翌日も熱は下がらず。

 

 

熱でぼーっとする中、鼻水も詰まって苦しがる息子の様子は見ていてとても辛かったです。

 

 

 

3日かかってなんとか元気になった息子。

 

 

嬉しそうに託児所に通う姿を見て「やっぱり健康が一番だな…」

 

しみじみ感じる母なのでした。

 

 

 

お休みの間、病院から出された薬は4種類。

 

粉やシロップなど形態を分けた薬が処方されました。

 

朝晩2回とはいえ、毎回、飲ませるのに苦労します。

 

「早く良くなれ~」と願いを込めてゼリーやバニラアイスに混ぜるなど

 

工夫しながら飲ませますが、やはり、なるべく薬は飲ませたくないなぁと思いました。

 

 

 

 

 

今回の経験を経て、母には、決心したことがあります!

 

 

「そうだ、こうちゃん、にんにく卵黄デビューしよ♪」

 

 

特に決まりはありませんが、なんとなく2歳からかな~と考えていた

 

<伝統にんにく卵黄>デビューを1か月繰り上げることに(^^)/

 

 

 

早速、顆粒タイプを購入し、それから毎日、食事に混ぜて飲ませています。

 

味噌汁やハンバーグ、ポテトサラダにインしましたが、

 

いずれも風味を気にすることなく食べてくれる様子に「しめしめ…」と思う毎日です(笑)

 

 

 

 

にんにく卵黄は、栄養の補給源として昔から各家庭で伝えられてきた健康食品。

 

 

これからインフルエンザの流行など、なにかと気になる季節。

 

 

我が子(孫)に抵抗力をつけさせたい!薬に頼らず健やかに育ってほしい!

 

そう思っていらっしゃる方には、大変おすすめです。

 

 

 

 

 

<伝統にんにく卵黄>は、小粒タイプ顆粒タイプ

 

飲む方にあわせて選べる形状をご用意しております。

 

 

医薬品ではありませんので、ご家族の判断でお子さまに飲ませていただいても構いません。

 

 

ただし、量や回数・飲ませるタイミングにはお気を付けください♪

 

お子さまの年齢や体格・体質に合わせて、様子を見ながら試していただければと思います。

 

 

 

個人的には、料理に混ぜて使える「顆粒タイプ」がオススメです(^^)/

 

 

 

我が家ではとりあえず、1日3食で1包を分けて食べさせるようにしています。

 

この日は大好きなウィンナーに振りかけて…

 

 

 161005_01.jpg

 

 

お腹が弱かったり、食物アレルギーがある方はご注意くださいませ。

 

 

<伝統にんにく卵黄・顆粒タイプ>さま、我が子の健康をよろしくお願いいたします!」

 

 

161005_02.jpg

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2016年10月  »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.