2015年09月アーカイブ

岐阜と鹿児島の固い絆

 

こんにちは♪

 

にんにく道 部員の田中麻希です。

 

 

 

 

先日、親戚の結婚式に参加するために、岐阜県へ行ってきました\(^o^)/

 

その際、お隣は三重県にある『伊勢神宮』へも立ち寄りました。

 

 

150929_1.jpg

 

20年に一度の式年遷宮を迎え、ますます人気の“お伊勢詣り”

 

 

 

 

日本人の心のふるさとと表現される伊勢神宮は 

 

伝統と歴史を持ち、日本随一のパワースポットとしても有名。 

 

 

 

 

宮内へ一歩足を踏み入ると、空気の違いを感じました。

 

神聖な場所だけあって、厳かというか、澄んでいて清々しいというか(*^_^*)

 

 

 

 

いくつも立ち並ぶ社を、それぞれどんな手順・作法でお詣りをするべきか 

 

インターネットで調べ、日頃の感謝を述べて、お礼を伝えてきました。 

 

また、遷宮の年に訪れたいと思いました♪ 

 

 

 

 

 

 

特急に乗って、伊勢湾を眺めながら、中部国際空港に向かう帰路のこと。

 

 

車窓からは見えたのは、ここも海?!と思わせるような 

 

「木曽三川(木曽川・揖斐川・長良川)」。 

 

 

 

 

 

この三川は、日本史上もっとも困難と言われた

 

治水工事「宝暦治水」が行われた場所。

 

 

 

 

薩摩藩の家老・平田靭負を中心に、多くの犠牲を払いながら 

 

1年3ヵ月にも及ぶ治水工事を全うしたと言われます。 

 

 

 

 

 

 

健康家族が拠点を置く鹿児島市にある平田公園。 

 

毎年5月に、木曽三川の治水工事を行った薩摩藩の功績を称え 

 

「薩摩義士頌徳慰霊祭」が行われます。 

 

 

 

 

150929_2.jpg

 

公園内にある『平田靭負像』。慰霊祭はこの像の前で行われます!

 

 

 

 

 

150929_3.jpg

 

今年5月の慰霊祭では参列者が600人にも及びました。

 

 

 

 

 

150929_4.jpg

 

前夜祭では、木曽三川をイメージした灯篭が並びます。 

 

 

 

 

 

 

治水工事から260年経った今でも薩摩義士が残した功績は称えられ 

 

慰霊祭には岐阜県からも多くの人が訪れて 

 

岐阜県と鹿児島の間には、昔と変わらない絆がありました。 

 

 

 

 

 

 

治水工事が行われた宝暦は、江戸時代中期。

 

薩摩の秘伝食・にんにく卵黄が誕生したのも、ちょうどこのころと言われます。 

 

 

 

 

治水工事にあたる義士たちも、きっと家族から渡されたにんにく卵黄を手に

 

困難な工事に挑んだことでしょう。

 

 

 

 

 

 

季節も移ろい、朝晩寒さが加わるこの時季、体調を崩されませんよう 

 

皆さまも<伝統にんにく卵黄>を是非ご活用くださいませ。 

私たちの想い(^O^)/

こんにちは!にんにく道 部員の田中幸子です(^-^)♪

 

 

 

 

宮崎県にある自社農場の近くでは、彼岸花が咲き始め

 

秋の訪れを感じるようになりました♪

 

皆さんがお住まいの地域はいかがでしょうか。

 

 

20150915_1.jpg

 

 

今年は天候に恵まれず、例年より土づくりが遅れ、予定通りに

 

植え付けができるか心配していましたが・・・

 

 

 

20150915_2.jpg

 

 

スタッフ一丸となって努力した結果

 

問題なく10月から植え付けをスタートできそうです (o´▽`)ノ゙

 

 

 

 

さて、突然ですが・・・

 

 

 

皆さんは、私たちが何故「有機にんにくづくり」に

 

こだわっているかご存知ですか?(^o^)/

 

 

 

 

本日は、「有機にんにくづくり」にかける熱い想いを

 

ご紹介したいと思います♪

 

 

 

 

 

自分たちの手で、にんにくづくりを始めようと考えたきっかけは

 

「胸を張って安心と言える商品だけをお届けしたい」という

 

想いがあったから。

 

 

 

それまで、病気や害虫、天候の影響を受けやすいにんにくは

 

「大規模な無農薬栽培は不可能」というのが定説でした。

 

 

 

しかし、“低”農薬でも農薬を使っていることは事実・・・。

 

 

 

 

 

健康のために口にするものは、素材自体が健康でなければならない。

 

そう考えた私たちは、有機にんにくの大規模栽培を

 

実現するべく取り組み始めました。

 

 

 

全てが手さぐりの状態からのスタート。

 

 

まず取り掛かったのは、にんにくたちがスクスク成長でき

 

大規模な栽培に適した土地を見つけること!

 

 

 

 

そして、たどり着いたのが、農薬飛散の心配がなく

 

にんにく栽培に適した寒暖差の大きい高地のある

 

宮崎県だったのです(^-^)

 

 

もちろん最初から、上手くいくわけもなく…(+_+)

 

 

毎年、試行錯誤を繰り返しながら、少しずつ土地を広げていき

 

東京ドーム約11個分の圃場へと成長させていきました。

 

 

 

 

 

農場はえびの市と小林市をまたいで、いくつかの場所に点在しています。

 

 

 

広大な圃場すべてを定期的に見回り、雑草を一つひとつ人の手で抜き

 

場所によってにんにくの成長に違いが出ないようにきちんとデータを取る。

 

 

 

一日一日の積み重ねが、大切になってきます!

 

 

 

豊かな自然、霧島連山が育むきれいな水。

 

そんな素敵な環境で、これからもお客さまの健やかな毎日を応援する

 

“質の良いにんにくづくり”に取り組んでいきたいと思います!!

 

 

 

20150915_3.jpg

 

来年も、栄養たっぷりのにんにくが収穫できますように!(^○^)

 

 

\\★自社農場の裏側を大公開★//

▼「自社農場ゼロからの軌跡」はコチラ▼

http://www.kenkoukazoku.co.jp/farm/index.html

家族がいつまでも健康でいられますように☆

 

皆さま、こんにちは。にんにく道 部員の善福です!

 

 

 

 

以前から、このブログにも何度か登場していますが

 

我が家には、7歳と4歳の娘がおります。

 

 

 

 

 

 

夏休み。遊び呆け過ぎた2人・・・。

 

 

 

~7月 大好きなプール~

150908_1.jpg

 

 

 

 

~8月上旬 バイキング~

150908_2.jpg

 

 

 

 

~8月中旬 水族館~

150908_3.jpg

 

 

 

 

~8月下旬 スイカ~

150908_4.jpg

 

 

 

 

8月の最終週は、宿題のラストスパートに追われる日々(゚o゚;;

 

150908_5.jpg

 

いったい、誰に似たのか……(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな夏休みも終えた、とある日曜日。

 

珍しく机に向かう2人 _φ(・_・

 

いつになく真剣な眼差しです。

 

 

150908_6.jpg

 

 

(筆者)「ね~。ナニを描いてるの?」

 

(2人)「おたのしみ、おたのしみ!」

 

 

 

 

~それから15分後~

 

(2人)「できたぁ~~!!」

 

 

150908_7.jpg

 

 

なるほど!!(^_^)

 

9月21日(月)は『敬老の日』。

 

大好きな、じいじとばあばに、お絵描きのプレゼントを準備していたのです!

 

 

 

 

 

 

「家族がいつまでも健康でいられますように」

 

 

誰もが願うこの想いは、【健康家族】の社名にも込められています。

 

 

 

 

大切なあの人に、贈り物として〈伝統にんにく卵黄〉を

 

選ばれる方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

今年の「敬老の日」は、皆さまも健康の想いをカタチにしてみませんか?

 

 

 

娘たちも『お絵描き』と〈伝統にんにく卵黄〉を持っていくのを

 

楽しみにしているようです( ´ ▽ ` )


自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2015年09月  »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.