天のおぼしめし

 

皆さま、こんにちは。農場スタッフのです。

 

 

ここ鹿児島では、最近、35度を超えるほど

 

蒸し暑い日が続いております(-_-;)

 

 

 

しかし!!

 

先日までは、梅雨明け発表後も半分は雨が降り続いていました…

 

 

 

例年であれば、すでに畑の土作りを行っているのですが

 

「雨が降っては耕運はできぬ。」 

 

ということで、ネタがないので今回のブログはお休みします。

 

 

 

 

って、そういうわけにもいきませんよね()

 

 

 

これまでのブログを全て読み返し、三日三晩寝ずに考えた結果(ウソ)…

 

ありました!まだ紹介していない、あのネタが。 

 

 

 

 

 

皆さん、収穫した後のにんにくはいったいどうなっているのか 

 

知りたくありませんか? 

 

 

 

 

知りたいですよね?知りたいはずです。知りたいに決まっている!

 

ということで、今回は、期待に応えて

 

“にんにくの加工”についてご紹介します!

 

 

 

 

 

 

まず、こちらが収穫後、茎と根をおとし、乾燥させたにんにく

 

150804_1.jpg

 

 

 

まだ土がついているため、「洗い」という作業を行います。

 

150804_2.jpg

 

洗いといっても、水や洗剤で洗うわけではありません。 

 

ブラシのついた機械にかけ、土や細かなカスを取り除く作業になります。 

 

 

 

 

 

 

▼    できあがったのがコチラ ▼ 

 

150804_3.jpg

 

 

きれいさっぱり気持ちよさそうなので 

 

そのまま冷蔵庫で心地よく眠ってもらいます。 

 

 

 

 

 

そして、必要とあらば、冷蔵庫からにんにくを引っ張り出し

 

「芯取り」を行います。

 

 

 

これは、にんにくの真ん中を通っている芯を取り除き

 

1片1片バラバラにする作業です。

 

専用のナイフを使い、クルッと回すと、ほらこの通り! 

 

 

150804_4.jpg

 

150804_5.jpg

 

150804_6.jpg

 

 

こうしてバラバラにしたにんにくを、次は専用の機械にかけます。

 

 

 

 

 

▼    それがこの機械 ▼ 

 

150804_7.jpg

 

強烈な風圧でにんにくの皮を剥きます。(もちろん薬品など使いません) 

 

 

 


しかし、この機械の発する音たるや、すさまじく、耳栓が欠かせません! 

 

150804_8.jpg

 

 

 

 

そして最後に、傷みはないか、異物はないか、人の目で厳しいチェックを行い… 

 

 

150804_9.jpg

 

じゃーん!ツルツルピカピカのきれいなにんにくが出来上がりました♪ 

 

 

 

 

 

このにんにくを使って、「伝統にんにく卵黄」「熟成黒酢にんにく」など

 

当社のにんにく商品が製造されるというわけです。

 

 

 

 

 

以上のように、にんにくの栽培はもちろん、その後の加工まで 

 

一貫して行っていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。 

 

 

 

 

 

雨でなかなか畑に入れないのはもどかしいですが 

 

梅雨明け後も雨が続いたのは、皆さんにこのことを紹介しなさいという 

 

天のおぼしめしだったのかもしれませんね♪


自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2015年08月  »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.