出張レポート!~秘伝食<伝統にんにく卵黄>~

こんにちは!にんにく道 部員の善福です。

 

 

 

突然ですが、わたくし、茨城県へ来ております!!

 

 

水戸駅に到着すると、ご当地ならではのこんなオブジェが・・・!

 

150304_1.jpg

 

今にも「頭が高い、控えおろう!」と聞こえてきそうな迫力!

 

しばしの間、見とれてしまいました・・・。

 

 

 

 

いけないいけない!!

 

 

観光で来たわけではないのです(笑)

 

 

 

 

 

実は、<伝統にんにく卵黄>をご愛用いただいている

 

お客さまの取材で、茨城県にやってまいりましたφ(. .)

 

 

 

 

 

今回のお客さまは、長谷眞子様(82歳)

 

150304_2.jpg

 

 

<伝統にんにく卵黄>のご愛用者の中には

 

「昔は手作りしていたのよ!」という方も少なくありません。

 

長谷様もそんなお一人。

 

 

 

 

今回は実に“20年ぶり”に、にんにく卵黄を手作りしていただきました!

 

 

 

 

 

≪長谷家のにんにく卵黄の作り方≫

 

 

150304_3.jpg

 

 

 

①     にんにく(1㎏)の皮を剥く。

 

150304_4.jpg

 

「この皮むきが大変だったのよね~」

 

 

 

 

②     無水鍋で30分ほど蒸し、やわらかくなってきたらマッシャーで潰す。

 

150304_5.jpg

 

 

 

 

③     有精卵黄10個を入れる

 

150304_6.jpg

 

「有精卵っていうのがパワーが出るのよ!」

 

 

 

 

④     しゃもじでかき混ぜながら、6~7時間練り上げると完成!

 

150304_7.jpg

 

 

 

 

 

長谷様が『にんにく卵黄』を作り始めたのは今から約30年前。

 

“東京の大学に進学した娘たちのために、何か体に良いものを”と考え

 

定期的に小包で送っていたそうです。

 

 

 

 

「昔は健康食品なんてほとんど無かったからねぇ。

 

各家庭に伝わる“秘伝食”があったものですよ」

 

と話す長谷様。

 

 

 

 

 

まさに“子を想う親心”から生まれた

 

愛情たっぷりのにんにく卵黄なのですね。

 

 

 

 

今では健康家族の<伝統にんにく卵黄>を約20年ご愛用。

 

 

 

 

「昔から作って家族で飲んでいた私たちにとって、“伝統”という言葉と

 

“健康家族”という社名はピッタリ!作る手間も省けてとっても助かっています。

 

これからも私たちに健康を届けてくださいね」と笑顔で話してくださいました。

 

 

 

 

 

“ますます全国の方々を元気にするんだ!”

 

そんな思いが強まった取材となりました!

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2015年03月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.