2014年12月24日アーカイブ

にんにくと「●●」が合う!?

皆さま、こんにちは(^-^)にんにく道 部員の岡元です。

 

 

行き交う人のせわしさと、日に日に厳しさを増す冷え込みに

 

年の瀬が近づいていることを実感する今日この頃。

 

 

 

この時季は、忘年会や同窓会などのイベントが増えてきますよね♪

 

 

 

私たちも、先日、約150名の従業員が参加して大忘年会を開催しました!

 

20141224_1.jpg

 

 

 

イベント好きな私はというと、事前にメンバーと練習を重ねた渾身の

 

出し物を披露し、少しは会を盛り上げることができた(!?)と思います!(^^)!

 

 

 

 

20141224_2.jpg

 

 

 従業員みんなで、一年間の労をねぎらうとっても素敵な忘年会になりました♪

※上段右端が私!(ブログ初登場です笑)

 

 

 

 

 

 

さて、年末年始は実家や親戚の家で

 

大勢の人が集まる機会が多いもの。

 

 

 

私の妻も、お正月、実家に持って行く手料理を

 

何にしようか頭を悩ませていました。

 

 

 

少しでもヒントになればと、健康家族の大人気商品

 

<ガーリックオイル>を“和食”に使えないか提案してみました。

 

 

 

「え~!和食にガーリックオイル?!」

 

妻は驚いていましたが・・・

 

 

 

何事もチャレンジ!!!

 

・・・ということで「筑前煮」をつくってくれました♪

 

 

 

なんと、これがとっても美味しかったので

皆さまにも、とっておきのレシピをご紹介しちゃいます(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

\\★ガーリックオイルを使った筑前煮★//

 

20141224_3.jpg


 

◆材 料◆ 分量:6人前

 

●鶏もも肉・・・250g   ●ガーリックオイル・・・大さじ3

●ごぼう・・・1本      ●鰹だし・・・720cc

●にんじん・・・1/2本  ●酒・・・90cc

●れんこん・・・1節     ●みりん・・・90cc

●里芋・・・5個       ●しょうゆ・・・90cc

●椎茸・・・5個       ●砂糖・・・60g

●黒こんにゃく・・・1枚   ●塩・・・少々

●絹さや・・・5枚

 

◆作り方◆

【1】

鶏もも肉・椎茸を一口大に切る。

ごぼうは皮を削ぎ、れんこん、にんじんは皮をむき、乱切りにして、水にさらす。

里芋は皮をむき、乱切りにし塩でもみ洗いしてぬめりを取り、水洗いする。

こんにゃくはスプーンでちぎり、鍋に水と一緒に入れて

ひと沸かししてあくぬきをする。

 

 

【2】

鍋に湯を沸かし、塩を加え、絹さやを入れて軽く湯通し氷で冷ます。

 

【3】

鍋に<ガーリックオイル>を入れて熱し、鶏肉を炒める。

れんこん、ごぼう、椎茸、にんじん、こんにゃく、里芋を加え、炒める。

 

【4】

鰹だしを入れて、沸いたら酒、砂糖を加え、落とし蓋をして10分ほど煮る。

※あくが出るので、こまめにすくう。

 

【5】

しょうゆ、みりんを加え10分煮る。塩で味を調え皿に盛り

絹さやを上に飾れば出来上がり!

 

 

 

 

飲み会続きだった私の胃腸を、妻がつくった「筑前煮」が

優しく癒してくれました。

 

 

ほんのりにんにくの香りを楽しめますが

食べ終わった後のにおいは全くしませんので

にんにくが苦手な方でも美味しくいただけると思いますよ♪

 

 

 

ぜひ、年末年始のアレンジレシピとして試してみてくださいね♪(^○^)

 

 

国産米油と、にんにくのベストバランス<ガーリックオイル>▼

http://www.kenkoukazoku.co.jp/food/oil/index.html

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2014年12月  »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.