薩摩武士とにんにく!

 

お久しぶりです。にんにく道 道場長村田です!

 

 

 

 

私たち健康家族は南九州、鹿児島に本社ビルを構えています。

 

鹿児島といえば桜島

 

その雄大な光景はまさにここに住む者、皆の“原風景”でもあります。

 

 

 

140701_1.jpg

 

 

鹿児島はご存じのとおり、桜島のような熱い心を持って

 

幕末から明治にかけて、多くの維新志士たちが活躍した地でもあります。

 

 

 

 

何を隠そう、私の高祖父もそんな薩摩武士の一人。

 

“村田新八”という男です。

 

私は、この“村田新八”の玄孫(やしゃご)にあたります!

 

 

140701_2.jpg

 

 

どうです?どことなく、似てません??

 

 

 

 

戊辰戦争や西南戦争といった歴史の教科書でしか、なじみがない戦いに

 

じいちゃんがリアルタイムで参加していたことを考えると

 

なかなか感慨深いものがあります。

 

 

 

 

 

 

そんな村田新八と時を同じくして活躍していた幕末の志士の中で

 

実は「にんにく」となじみ深い人がいるんです。

 

 

 

 

 

その名も・・・

 

140701_3.jpg

 

「桐野利秋(きりのとしあき)」!

 

 

 

 

 

あの西南戦争でも、新八じいちゃんと一緒に仲間として戦った薩摩の武士。

 

 

この桐野利秋は別名「人斬り半次郎」という異名を持つほどの剣豪。

 

 

 

 

軒先から落ちる雨だれが地面に達するまでに、刀を三度抜き

 

 

三度鞘におさめることが出来るほどの凄腕だったとか。

 

 

 

 

その桐野利秋、腕もさることながら

 

実は普段からにんにく臭を漂わせていたという噂があるんです。 

 

 140701_4.jpg

 

 

幕末の京の町で、ほのかに漂ってくるにんにくの香り・・・。 

 

そこには、キラリと光る剣先が・・・!! 

 

 

 

 

 

立ち向かう相手にとっては

 

「にんにくの臭い=恐怖」だったかもしれませんね。

 

 

 

 

真偽のほどはともかく、そんな話が後世に伝わるからには

 

 

普段からきっとにんにくを常食していたんでしょう。

 

 

 

 

 

薩摩武士の強靭な心身を育むためには

 

にんにくのパワーが不可欠だったのかもしれません。

 

 

 

にんにくの武士道、まさに「にんにく道」!! 

 

 

 

私も武士の血を受け継ぐ者として

 

さらに「にんにく道精神」に磨きをかけていきます!

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2014年07月  »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.