有機にんにくの芽摘み作業

こんにちは、にんにく道 部員の野中です!(^^)!

 

 

5月に入り、鹿児島では桜の花が散り、桜並木は葉桜となりました。

 

 

 

 

140502_1.jpg

 

そんな中、先日、鹿児島市内で開催されている『春の木市』に出かけてきました!

 

 

 

 

 

この『春の木市』は、鹿児島市で有名な“甲突川”という河畔で

 

明治中ごろから続く、春の訪れを感じさせてくれるイベントです。

 

 

 

 

 

木市では、苗木や花、観葉植物などが販売され

 

お祭りのような雰囲気で、毎年多くの人で賑わっています☆

 

 

 

 

 

140502_2.jpg

 

実際に歩いてみると、色とりどりの花や珍しい果物の苗木がところせましと並んでおり

 

 

桜が散った今でも春を感じることができました♪ 

 

 

 

秋にも開催されるので、また出かけてみたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、宮崎県の自社農場では、昨年10月に開催された『にんにく植付祭』

 

 

全国のお客さまに植付けていただいた“にんにく達”が元気に成長中!

 


 140502_4.jpg

 

 

 

 

そして、『にんにくの芽』

 

 

140502_5.jpg

 

 

 

“にんにくの芽が出る”ということは生育が順調な証拠なのですが

 

 

地中のにんにくを大きくするためには、この芽を摘まなければなりません。

 

 

 

 

この作業を『芽摘み』といいます。

 

 

 

 

 

健康家族の自社農場の広さは東京ドーム約11個分!!!

 

 

その広大な自社農場に植え付けた“にんにくの種”は、なんと約850万個!!

 

 

 

 

 

 

当然ですがその1つ1つから芽がでてきます。

 

 

 

 

すべての芽を摘むのは、気の遠くなるような作業ですが・・・

 

 

 

高品質な有機にんにくを作るためには欠かせません!!!

 

 

 

農場スタッフも総出で毎日作業を行っています。

 

 

 

 

 

 

今月中旬には、全国からお客さまを招いて『にんにく収穫祭』が開催されます。

 

 

 

 

全国からお越しくださるお客さまに、最高の有機にんにくを収穫していただけるよう

 

 

しっかりと『芽摘み』に汗を流したいと思います。

 

 

 

 

収穫の様子は、また次回 お伝えしますのでお楽しみに☆

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2014年05月  »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.