手作りのボードを使って・・・

こんにちは!

 

にんにく道部員の近道です。押忍<(`^´)>

 

 

 

宮崎県にある自社農場では

 

日中でも10℃を下回る日が増えてきました。

 

 

 

 

さて、今回は農場担当の仕事のひとつである、

 

「生育調査」についてご紹介します!

 

 

 

 

生育調査とは、各圃場でにんにくの大きさや葉の色、厚みを見て、

 

生育状況を確認すること★

 

 

 

 

 

いったいどれくらいの数を確認するかというと、

 

圃場全体で、119箇所!

 

 

 

 

 

1箇所所につき、にんにく12株を調べるため、

 

さらに計算すると、12株×119箇所となり・・・

 

 

 


なんと、全部で【1,428株】!!!

 

 


 

 

そんなたくさんの調査を行うときに欠かせないのがコレ!

 

 

\\\ジャーン///

131206_1.jpg

 

名付けて、「測定ボード」!!(部員、泉の手作りです★)

 

 

 

 

 

 

 

 

131206_2.jpg

 

 

この測定ボードには3本の線があり、

 

それぞれ、赤線が30㎝青線が60㎝黄色が120㎝と、

 

長さが決まっています。

 

 

 

 

 

131206_3.jpg

 

 

実際に測定するときは、ボードとメジャーを使い、

 

写真のように、1株ずつにんにくの高さを測っていきます★

 

 

 

 

 

 

そして、この『生育調査』で集められたデータは、

 

今後のにんにく栽培に活用されます。

 

 

 

 

 

一見地味な作業ですが、測定を行う度に

 

「順調に生長しているな」

 

「このにんにくは少し細いかな?」

 

と、1株1株の成長を感じ、にんにくをさらに愛おしく感じることができるので、

 

農場担当としてのやりがいがある作業です)^o^(

 

 

 

 

よ~し!今年の冬も<伝統にんにく卵黄>を増量して飲んで、寒い中でも頑張るぞー!!

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2013年12月  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.