たかが1割、されど1割

 

こんにちは、にんにく道部員の鈴木です!

 

 

自社農場がある宮崎県えびの高原は、雲ひとつない秋晴れの日が続いています。

 

 

こんな日は、思わず写真を撮りたくなりますね。

 

 

 

 131106_01.JPG

 

 

 

さて、10月上旬からにんにくの植え付けが始まり、

 

 

50町歩(東京ドーム約11個分)の植え付けが無事に終わりました!

 

バンザーイ(^O^)/

 

 

今年はいつもに増して土が柔らかく、スムーズに行うことができました。

 

 

これも完熟堆肥緑肥の効果でいい土ができている証拠ですね!

 

 

 

 

 

 

131106_02.JPG

 

 

 

写真は、最初に植え付けを行った農場の様子です。

 

 

にんにくの芽が出始めています!

 

 

にんにくは植え付けて、1週間~10日ほどで芽を出します。

 

 

すくすくと育つにんにくを見ていると、嬉しさが込み上げてきます!

 

 

 

 

131106_03.JPG

 

 

 

にんにくの出来は初期生育に左右されるため、この時期はチェックに余念がありません。

 

 

 

 

 

おや??

 

 

 

 

 

131106_04.JPG

 

 

 

 

 

こんなところに芽が出ていない株を発見!

 

 

 

 

131106_05.JPG

 

 

別のところには枯れてしまった芽も・・・(悲)

 

 

 

 

 

私たちは、1球でも多くのにんにくを収穫するために

 

 

芽が出なかった所や、途中で枯れてしまった所の“植え直し”を行っています。

 

 

131106_06.JPG

 

 

この作業を「補植(ほしょく)と言います。

 

 

植え付けたにんにくの1割程度の作業量ですが、

 

 

「補植」をするのとしないのとでは、収穫量に数十トンもの差が出ます。

 

 

 

 

たかが1割、されど1割。

 

 

 

 

50町歩という、広大な面積のにんにく農場ではとても重要な作業です。

 

 

 

 

私たち農場担当の使命は、商品を楽しみにしているお客さまのために

 


栄養満点なにんにくをたくさん収穫することです。

 

 

 

今日もお客さまの笑顔を思い浮かべながら、

 

 

すべてのにんにくが元気に成長するよう「補植」を頑張ります!!!

 

 

よーし、今年も最高のにんにくをつくるぞ―★エイ・エイ・オー!(^^)!

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2013年11月  »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.