2013年08月アーカイブ

あなたは、どれ??

こんにちは!にんにく道 部員の志々目です!

 

 

 

ここ鹿児島では、桜島が活発に活動中・・・

 

今年の噴火回数は、なんと500回を超えているんです! 

 

その上、この夏は例年以上の猛暑続き。

 

 

 

降灰で暑いのに窓も開けられず・・・そんな、屋外も室内もムシムシと暑い夏、

 

私の元気を維持してくれているのが「にんにく」

 

コレなしでは、鹿児島の夏を乗り切れません!!

 

 

 

 

『にんにくの力で皆さまの健康をサポートしたい』 

 

その想いのもと、商品開発を進めてきた健康家族。

 

今では にんにく健康食品売上日本一(※)の称号をいただくまでになりました☆

 

※機能志向食品・滋養・強壮にんにく成分部門メーカーシェア

(2011年実績 富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧2013」)

 

 

 

当社では、にんにく関連の商品を3種類取り扱っています!

 

名付けて「にんにく3兄弟」!

 

 

 

今回は、「どの商品がいいのかな・・・」と迷っていらっしゃる方のために、

 

その違いを解説しちゃいたいと思います♪

 

 

 

 

まずは〈伝統にんにく卵黄〉

 

「にんにく:卵黄=8:2」の割合で配合。

 

130828_1.jpg

 

スタミナパワーたっぷりの「にんにく」だけでなく、 

 

にんにくに足りないカルシウムや鉄などの栄養を補ってくれる

 

「卵黄」も入っているので、 体の底から元気がみなぎってきます! 

 

 

 

 

 

次に〈にんにく生姜〉

 

「にんにく:生姜=4:6」の割合で配合!

 

130828_2.jpg

 

実は、「にんにく」は体を温めてくれる“温野菜”ですが、

 

さらにポカポカ食材「生姜」も加えることで、健康な体づくりを強力にサポート! 

 

 

 

 

 

最後に〈熟成黒酢にんにく〉

 

「にんにく:黒酢=2:8」の割合で配合。

 

130828_3.jpg

 

「にんにく」と「黒酢」のWパワーで、元気もスッキリも応援! 

 

 

素材を混ぜ合わせるのではなく、国産の有機黒酢に有機にんにくを漬け込むという 

 

昔ながらの「酢漬け」にこだわっているんです! 

 

 

独自製法で3ヵ月間熟成することで、

 

にんにくの成分が黒酢にたっぷり溶け込んでいます♪ 

 

 

 

 

 

あなたにピッタリの商品は、見つかりましたか?

 

ちなみに私は、体の調子や季節に合わせて飲み分けています♪

 

 

 

健康な毎日に「にんにく」あり!! 

 

これからも、にんにく3兄弟をよろしくお願いします☆


★テレビでも話題沸騰の「にんにくパワー」!!

 

 

 

皆さま、お久しぶりです☆ にんにく道 部員の中島です!

 

 

今回も、元気&やる気全開でお送りさせていただきます(。ゝ∀・)ゞ

 

 

 

 

先日、家族で夕飯を食べていた時、

 

テレビから流れてきた言葉・・・

 

“・・・ステイン”

 

“・・・システイン”

 

“S-アリルシステイン!!!”

 

 

 

 

この言葉に反応し、急いでテレビのボリュームをあげてみると

 

なんと、某番組で「にんにくの特集」をしているではありませんか!!

 

 

 

 

S-アリルシステイン”とは、にんにくにしか含まれていない物質のこと。

 

そしてこの成分こそが、「元気とスタミナの源」になると言われています。

 

 

20130821_1.jpg

 

 

 

その番組内では、これまでアメリカでにんにくに関する大規模な調査が行われたことや、


100編以上の医学論文でにんにくパワーが発表され、

 

医学的にも認められていることを紹介していました。

 

 

 

 

これまで、このブログでも当社がにんにくの専門メーカーとして


“にんにく総合研究所”を設立し、にんにくの未知なる可能性を研究し続けていることを

 

ご紹介してますが、テレビでも取り上げられるほど、話題になるとは、

 

ウ~ン!!!

 

やっぱりスゴいぞ、にんにくパワー! (*≧∇≦)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに!

 

万能食材の“にんにく”は、料理の幅を広げる優れものでもあります♪

 

私たちは7月から新しく、フードニスタ浜田峰子さん監修の、

 

さまざまな『にんにくレシピ』をご提案しているんですよ★

 

 

 

 

 

例えば・・・

 

 

 

 20130821_2.JPG

 

~いつものお刺身がおもてなし料理に変身~

 

「お魚の彩りカルパッチョ」

 

 


おうちで簡単につくれる上に、

 

レストランにも負けず劣らずのおもてなし料理にもなるレシピをたくさん紹介しています♪

 

季節にちなんだ食材を活用し、にんにくで栄養もバッチリなので

 

喜ばれること間違いナシ!!ぜひ参考にしてみてくださいね★

 

 

 

 

毎月、更新してま~す(*^▽^*)ノ

 

【フードニスタ浜田峰子のおうちレストラン にんにく活用メニュー】

http://www.kenkoukazoku.co.jp/happyrecipe/index.html

土作り、本格始動!!

 

皆さん、毎日暑い日が続きますが、お元気ですか?

 

 

にんにく道部員の鈴木です。

 

 

 

 

先日、農場の見回りをしていたところ、一匹のツクツクボウシを発見しました。

 

 

 

130816_1.JPG

 

 

自然豊かな自社農場では、ニイニイゼミやアブラゼミ、ツクツクボウシといった

 

 

いろいろな種類のセミを見ることができます。

 

 

 

ここで、セミに関する豆知識を一つご紹介!

 

 

「セミは種類によって、鳴く時期が違うのです」 

 

 

まず、夏の始まりを告げるニイニイゼミが鳴き、

 

 

続いてアブラゼミ、

 

 

ツクツクボウシ、

 

 

ミンミンゼミ

 

 

クマゼミ、

 

 

最後に、ヒグラシが夏の終わりを知らせてくれます。

 

 

 

季節の移り変わりを耳で感じられることも、

 

 

私にとって楽しみの一つとなっています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本題に入りますが・・・

 

 

宮崎県えびの高原にある自社農場では、

 


秋の植え付けに向けて「土作り」が本格的に始動しています! 

 

 


現在は、2mほど伸びた緑肥を細かく裁断し、 

 


畑にすき込む作業を行っています。 

 

 

【緑肥についてはコチラ】

http://www.kenkoukazoku.co.jp/ninnikudou/2013/06/19/index.html

 

 

130816_2.jpg

 

130816_3.jpg

 

 

 

緑肥を畑にすき込むと、土の中の微生物によって分解され、

 

 

土を柔らかくするだけでなく、 

 


栄養分となってにんにくを大きく成長させてくれます。 

 

 

 

 

 

一見、地味な作業ではありますが、私はこの作業がとても大好きです。

 

 

 

なぜかというと・・・

 

 

 

それは、畑一面に生い茂った緑肥を一気に刈り込む「爽快感」がたまらないことと、

 

 

「新たな一年の始まり」を感じることができ、 身の引き締まる思いがするからです。 

 

 

 

 

 

 

炎天下の中での作業は大変ですが、

 

 

欠かせないものがコレ!

 

20130816_5.jpg

 

 

130816_6.png

 

 

 

<塩飴>で塩分補給、そして<伝統にんにく卵黄>でスタミナを補給して、

 

 

今日もがんばりたいと思います!

 

 

 

これからも応援、よろしくお願いします!!!

にんにくの無農薬・無化学肥料栽培の証明


こんにちは!にんにく道 部員の渡部です。


先日、自社農場で栽培された“にんにく”の残留農薬の検査結果が届きました!



今回は537項目の農薬について検査をしました。

 

 

農薬が検出されないことが当たり前とはいえ、

 

結果が出るまでは毎年ドキドキします。

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる結果は・・・

 

 


20130807_1.JPG

 

 

 

 

 

20130807_2.JPG

 

 

「全項目不検出」!!

 

日頃から手間を惜しまずに、一生懸命取り組んでいる成果がここでも証明されました!

 

 

 

 

 

 


ところで、

皆さんは残留農薬の「ポジティブリスト制度」という言葉をご存じですか?(◎o◎)/

 



以前の制度(ネガティブリスト制度)では、

 


特定の農薬にだけ基準値が設けてあり、

 


それ以外の農薬については規制がありませんでした。

 


つまり、基準値のない農薬がどれだけ残留していても見過ごされていたんです。

 

 

 

 

それに対して「ポジティブリスト制度」では、

 

 

基準値のある農薬については今までどおり規制され、

 

 

さらに、それ以外のものについては一律の基準(0.01ppm)が設けられています。

 

 

今まで検査されていなかった多くの農薬についてチェックすることになり、

 

 

全て検出されないということは、非常に安全な商品であることを証明しています!

 

 

 

 


今後も分析項目をどんどん増やし、お客様に安心・安全な商品をお届けできるように


一丸となって取り組んでまいります。

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2013年08月  »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.