2013年05月17日アーカイブ

にんにく栽培のススメ☆

 

皆さま、こんにちは!にんにく道 部員の平田です。

 

先週末、鹿児島は最高気温が29℃を記録し、

 

夏の気配を感じさせるほどの陽気でした(@_@;)

 

 

 

宮崎県・えびの高原の農場では、

 

にんにくの収穫の真っ最中!

 


 20130517_1.jpg

 

20130517_2.jpg

 

私たち社員も、

 

明後日の「にんにく収穫祭」を目前に、はやる気持ちを抑え、

 

準備をすすめています(*^。^*)

 

 

 

 

 

本日は、皆さまにもっとにんにくを身近に感じてもらえるよう

 

 

自宅で簡単にできる、にんにくの栽培方法をご紹介します(^^♪♪♪

 

 

現在、開催中の“自社農場10周年感謝祭”の景品にも 

 

「有機にんにく栽培セット」がありますので、ぜひお試しください♪

 

 

◆用意するもの◆

===============================

・にんにく片  ・プランター      ・じょうろ   ・はさみ

・移植ごて   ・(有機)培養土  ・鉢底ネット  ・手袋

・ぼかし肥   ・鉢底石

===============================

 

 

 

◆鉢の準備◆

1.鉢底ネットを、プランターの穴より少し大きめにはさみでカットして敷く。

 

2.プランターの底が見えなくなる程度まで、鉢底石を詰める。

 

3.プランターの側面をたたいて、土を均等にならしながら入れる。                       

 

 

 

◆タネまき(9月下旬~11月)◆

4.薄皮を剥いたにんにく片を5~6cmの深さ、約15センチ間隔で植える。

 

5.鉢底から流れるくらいたっぷり水やりをする。

※収穫までは、土の表面が乾いたら水やりを行ってください

 

6.プランターを軒下など、半日陰の涼しい場所に置く。

 

 

 

◆肥料◆

7.植え付け1ヵ月後と、冬を越した時期にぼかし肥をひとつまみ与えます。

※ぼかし肥は作物の成長過程に必要な肥料です。

 

 

 

◆花芽摘み◆

8.花芽(つぼみ)が出てきたら、花茎をはさみで切ります。

※花芽を切ったら茎(にんにくの芽)は、お料理に使えます(*^_^*)

 

 

 

◆収穫(5月下旬~6月下旬)◆

9.地上の葉が枯れてきたら、収穫のサイン!

 

根元を持って引き抜き、泥がついている外側の皮を剥がします。

 

皮を剥くと真っ白いにんにくが顔をだします(*^^)v

 

※収穫したにんにくは、茎を三つ編みにして、風通しのよい軒下などに吊るして乾燥させ

てから保存してください

 

 

 

 

 

 

収穫までは、プランターの中の除草はこまめに行うと共に、

 

 

 

ぜひ、たっぷりの愛情を注いで栽培してみてください♪

 

 

 

きっと、そのにんにくを口に入れた時の感動は

 

 

 

ひとしおだと思います・・・(^o^)丿☆☆☆

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2013年05月  »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.