土を知る(●゜∀゜)ノ

うだるような暑さが続く毎日ですが、

 

皆さん元気に過ごしてますか?

 

 

 

 

 

にんにく道 部員である私、

 

毎日伝統にんにく卵黄〉を飲んでいるお陰で、すこぶる元気!

 

 

 

おなじみ宮崎県の自社農場はといいますと、

 

延々と続いた豪雨と、たび重なる台風を乗り越え、

 

太陽の光がサンサンと降り注いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、6月に収穫を終え、現在、何をしているかというと…

 

畑の土作りです!

 

単に土を作るといっても、その内容はさまざま。

 

 

 

 

前回のブログでは、「緑肥」についてご紹介しましたが、

 

▼  ▼ 詳しくはコチラ▼  ▼

http://www.kenkoukazoku.co.jp/ninnikudou/2012/07/post_47/index.html

 

 

 

 

今回は、「土壌分析」についてご紹介します。

 

 

 

 

ここでの「土壌分析」とは、

 

土を化学的に分析し、畑の健康状態を知ることをいいます。

 

 

2012.8.17-1.jpg

 

これが、畑から採ってきた土。

 

 

 

 

柔らかさ、色、水分量など、畑ごとに土は異なります。

 

さらに、同じ畑であっても場所や深さによって、

 

少しずつ違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この土を液体に溶かし、成分を取り出します。

 

2012.8.17-2.jpg

 

この液体で分析スタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試験管に液を入れていき、成分を見るための薬を加えると…

 

ジャーン♪

 

2012.8.17-3.jpg

 

こんな鮮やかな液体になりました。

 

 

 

まるで、小さい頃の理科の実験みたいでちょっとワクワクしますよね?

 

 

 

 

こうしてできた、キレイな液体を機械にかけ、

 

土の健康状態を見ていくわけです。

 

 

この分析結果をもとに、肥料の種類、量を決めるので、

 

とっても重要な仕事なんですよ。

 

 

 

 

 

 

「良いにんにくは、良い土から」、「良い土は、正確な分析から」。

 

これからも、土のドクター役として

 

土づくり、にんにくの成長を見守っていきます。

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2012年08月  »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.