にんにく試験農場をご紹介!

こんにちは、にんにく道 部員の野中です!

 

この日をウキウキ・ワクワクしながら待っていました!!

 

 

なぜなら・・・

 

今日は、前回のブログでご紹介している

 

にんにくの自社農場

http://www.kenkoukazoku.co.jp/ninnikudou/2012/02/03/index.html

 

の中にある「にんにく試験農場」についてご紹介したいと

 

ずっと思っていたからです(^ー^)v

 

 

 

 

2012.2.22-1.jpg

健康家族の本社がある鹿児島市から車で約1時間半かかる宮崎県えびの高原。

 

 

ここに自社農場をかまえ、

 

一部を「にんにく試験農場」として、

 

毎年、“さまざまな品種のにんにく”を一から栽培しています。

 

 

 

そこでは、栽培方法や品種の違いによる品質栄養成分収穫量などの違いを

 

実験・研究しているんです。

 

 

 

まさに『にんにく専門メーカー』として、

 

この「にんにく試験農場」「にんにく総合研究所」など

 

どこも真似できないほど、真剣に“愛情”“時間”をかけて

 

にんにくと向かい合っています。

 

 

 

 

さて、

 

10月から11月にかけ植え付けを行った圃場。

 

 

 

いまは・・・

 

 

2012.2.22-2.jpg

ここまでにんにくが成長しています!試験農場も同じです。

 

 

 

全圃場(試験農場含)で植え付け作業が終わると

 

手作業除草作業を行ったり、

 

2012.2.22-3.jpg

にんにくの健康状態気温土の温度など、

 

毎日のように細かく、“にんにくの成長の記録”をとり育成管理を行っています。

 

 

 

 

 

宮崎ときくとあたたかい南国のイメージがありますが、

 

農場がある場所は標高が高く、なんと!

 

雪が降る日もあれば、気温が氷点下まで下がる日もあります・・・。

 

しかし、そんな厳しい寒さがにんにくの成長には欠かせません!

 

 

なぜなら、

 

にんにくが寒さから身を守ろうとするために糖度が上がり、身が引き締まるから。

 

 

 

にんにくって、研究すればするほど本当に奥が深いですよね!!

 

 

 

これからも、試験農場を活かし、人一倍の愛情を持ってにんにくの研究に力を注ぎ

 

より高品質なにんにくをお届けできるよう、今日も農場で汗を流してきます(^ー^)ノ

自社農場ゼロからの軌跡。
カレンダー
«  2012年02月  »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
過去の記事
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright(C)2012 KENKOUKAZOKU CO.LTD. All right reserved.